レディースドック

レディースドック

女性特有の疾病に対応した、女性のための人間ドックがレディースドックです。
当院ではレディースドックとして、一般的な健康診断項目のほか、以下のオプション項目をご用意しております。オプション追加については、診察時にお気軽に相談ください。

子宮がん検査

子宮がん検診では、子宮頸がん検診と子宮体がん検診の2つがあり、それぞれ違う検査で調べます。当院では、どちらの検診も行います。
詳細は子宮がん検診の項目をご参照ください。

子宮・卵巣超音波

子宮筋腫や子宮内膜症などの子宮の病気や卵巣の病気が無いか、また子宮や卵巣の発育状態や妊娠が可能かどうかなどを調べます。検査では、プロープ(探触子)と呼ばれるスティック状の機器に使い捨てのキャップをかぶせて膣内に挿入し、超音波を出します。
そして超音波を当てた子宮や卵巣から、返ってくるエコー(反射波)を画像に映し出し、当てた臓器の様子を見ます。検査中に痛みが生じることはありません。

AMH(抗ミュラー管ホルモン)

卵巣の予備能を調べる検査です。
AMH(抗ミュラー管ホルモン)は発育過程にある卵胞から分泌されます。血中AMH値が原始卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映すると考えられます。つまり、原始卵胞(卵巣内で待機している卵胞)が少なくなってくると(卵巣予備能が低くなると)AMHの値は低くなります。
そのため、AMHは卵巣予備能(卵巣の中に残っている卵子の数の目安)の評価指数として注目されています。ただし、AMHの結果は、それだけで治療方針を決められるものではなく、その他の検査や年齢、不妊期間などと一緒に、総合的に治療方針を立てるための検査です。

STD(性感染症)検査

血液検査をはじめ、分泌物検査や尿検査などで発症の有無を調べます。STD検査では、クラジミア感染症、梅毒、性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマ、トリコモナス腟炎などを診断します。STD以外では、B型肝炎ウイルスへの感染を調べるHBs抗原検査(血液検査)、C型肝炎ウイルスへの感染の有無を調べるHCV抗体検査(血液検査)といった感染症の検査も行えます。

感染症(風疹・麻疹抗体検査)

風疹・麻疹ウイルスに対する免疫の有無を調べる検査です。妊娠初期に風疹に罹ると、胎児に感染してしまう可能性があり、先天異常が起こることもあるため、赤ちゃんを望まれる方は、一度検査を受けて確認する必要があります。

血液型検査

血液型は間違って記憶している場合もありますから、きちんと調べておいてください。手術時の輸血事故や血液型不適合による新生児溶血性疾患(母体の血液中の抗体が胎盤を通じて胎児に移行し、胎児の赤血球が破壊されることによって起こる病態)などを引き起こすリスクもありますので、手術や妊娠前には欠かせない検査と言えます。